リエゾン通信

今日から実践、呼吸法 | 福岡 小顔 コルギ

小顔 コルギ 福岡 大濠リエゾンの柳田です。

桜も散り、慌ただしい生活環境にまだまだ慣れない毎日のことと思います。

頭痛や肩こりがしたり、疲れやすかったり、春の日差しをきつく感じたりと、
春は心も身体もバランスをくずしやすい季節です。

「自律神経の乱れ」とよく言いますが・・・

自律神経とは、人間の心と身体をコントロールしている神経です。

ストレスがあると、自律神経の交感神経が高ぶって、身体は緊張します。

・交感神経=昼に優位になる、緊張の神経

・副交感神経=夜に優位になる、リラックスの神経

この二つが交互に入れ替わり、バランスを保っています。

しかし、ストレスにより、このバランスが一旦乱れると心身に大きな影響を受けます。

身体のなかでも特に影響を受けやすいのが、頭と顔と心です。

頭の筋肉は薄く、ストレスの影響を非常に受けやすいため、かたく縮こまってしまいます。

そのため、顔の筋肉も引っ張られ、歪みや目や眉の高さがアンバランスに
なったり、しわやたるみが発生したり、顔悩みの大きな原因となります。

ストレスはつきものですが、溜め込まないようにするのが大事です。

「それはわかっているけれど難しい・・・」

という方へ。

すぐにできる簡単実践法がありますよ。

それは、「呼吸法」

息を吐く。

吐ききるんです。

吸うのは意識しないでください。

意識しなくとも私たちはじゅうぶん、酸素は吸っています。

吐くのが大事。

ゆっくり吐きます。

吐くときのポイントがあります。
こちらで書くのは難しいですので、気になる方はいつでもおたずねくださいね。

動悸やめまいもどこかに行ってしまいます。

薬要らず医者要らず。

病気になる前に自分の身体は自分で守りたいものですね。

PAGE TOP